実店舗せどり準備編

実店舗せどりに必要なアプリ・ツールと

 

仕入れルートマップの作成方法

 

について解説します。

 

 

 

 

実店舗仕入れに必要なツール

 

実店舗せどりにおいて

 

仕入れを判断する際に

 

せどり用のリサーチツール・アプリがあると非常に便利です。

 

 

 

「モノレート」だけでも仕入れ判断出来るのですが

 

店舗せどりでは、せどり用のリサーチツール・アプリを使った方が

 

スピーディーにサクサク検索が出来て、時間の短縮が出来ます。

 

 

せどりすと」「せどろいど

 

・オススメのアプリ「せどりすと 無料版(iOS)」「せどろいど 無料版(Android OS)」

 

 

すばやく仕入れ判断が出来るせどり用リサーチアプリです。

 

商品のバーコードをスマホのカメラでスキャンして(または、JANコードを入力して)

 

商品情報を読み込むことが出来ます。

 

 

 

スマホ用のアプリですので、スマートフォンが必要です。

 

「App store」「Google Play 」などでダウンロードしてください。

 

⇒ 使い方・設定方法

 

 

 

 

バーコードリーダー(ビーム)「KDC200」

 

・オススメのバーコードリーダー「KDC200」

 

リサーチ時間を大幅に短縮したい場合は、バーコードリーダー「KDC200」がおすすめです

 

商品のバーコードを瞬時に読み込めて、高速・大量リサーチが可能となります。

 

ただし有料ですので、初めから購入する必要はありません。初めは、せどりすと・せどろいどで充分です。

 

余裕があれば購入しましょう。

 

KDC200

 

 

⇒ 設定・使い方

 

 

 

 

「せどりすと」の使い方

 

代表的な無料せどりリサーチツール

 

「せどりすと」(アイフォン版です。アンドロイド版は「せどろいど」)

 

の使用方法を解説します。

 

 

 

① アプリストア(App Store、Google PLAYなど)でダウンロードします。

 

 

 

 

②ダウンロードが完了すると、スマホ画面に下の画像のアイコンが表示されますので、そのアイコンをタップします。

 

 

 

 

③このような画面が表示されます。

「せどりすと」を使いやすくする設定を行いますので、右下にある「設定」をタップします

 

 

 

 

 

④「設定」は、リサーチに慣れるまでは、初期状態からあまりいじらずに以下のように設定すればOKです。

 

・「大口出品者」は、大口出品者ならON

 

・「FBA使用」は、FBAを使用するならON

 

・「最安値基準」は、新品のみを仕入れるなら「新品のみ」中古品を仕入れるなら「中古品のみ」

 

・「粗利計算に原価を組み入れる」を「OFF」(原価とは仕入れ値です。仕入れ値は各商品バラバラの場合が多いので、仕入れ値を計算に組み入れない方が分かりやすいです)

 

・「PCサイトとしてのWeb閲覧」をON(スマホ用のモノレートで見たいならOFFに)

 

 

 

 

 

「せどりすと」の「設定」ついてもっと詳しく理解したい方は

 

「せどりすと」開発者様のブログをご参照ください。

 

http://ameblo.jp/sedolistjp/themeentrylist-10061739448.html

 

 

 

 

⑤ 「設定」が完了したら、「検索リスト」をタップして、最初の画面に戻します。

 

では、バーコードリーダを使って実際に商品を検索します。

 

左上の「バーコードアイコン」をタップします。

 

 

 

 

 

⑥商品のバーコードにスマホをかざして、商品情報を読み込みます。

 

商品が読み込まれたら、「リストに戻る」をタップ

 

 

 

 

 

⑦商品のデータが表示されます。

 

さらに、商品名の所をタップすると詳細なデータが調べられます。

 

今回は、この商品の「新品」を仕入れた場合について説明します(頻繁に使用する重要な項目のみ説明します)。

 

 

 

 

 

⑧赤字の1038位はAmazonランキングを表します。

 

最安4500円はAmazonでの新品の最安値を表します。

 

粗利3316円は最安値額からAmazonの手数料を差し引いた額です。これが入金額(損益分岐点)となります。

 

 

 

 

⑨各アイコンの説明

 

OCRのアイコンは、商品のバーコードにある番号で検索できます。

 

ISBNのアイコンは、バーコードを手入力で検索します。

 

四角に上の矢印のアイコンは、リストクリアなどが出来ます。

 

折れ線グラフのアイコンは「モノレート」というサイトにアクセスできます。

 

Amazonのマークのアイコンは、Amazonの該当商品ページにアクセスできます。

 

キーワードのアイコンは、商品名・商品の型番号などを入力して検索します。バーコードが読み取れない時やバーコードが隠れている商品、ガラスケースにある商品などを検索する時に使用します。

 

 

 

 

⑩粗利(損益分岐点)を見て利益が出そうだと分かったら

 

念のため、モノレートで売れる頻度や過去の販売価格などを見て

 

仕入れるべきか判断します。

 

 

 

例えば、この商品が2000円で仕入れられる場合

 

粗利3316円-2000円=利益1316円

 

4500円販売で利益1316円ですから、利益率は約30%です。充分仕入れ仕入対象になります。

 

 

 

次に、売れる頻度や過去の価格推移、出品者数などを「モノレート」で確認して

 

販売適正額を判断します。

 

 

 

 

 

 

 

過去の価格が一定、月15個以上売れている、Amazon本体出品なし、実質のライバル出品者3人で4500円などから、判断して適正販売価格は4500円と判断出来ます。

 

 

※今回のケースは、「せどりすと」と「モノレート」で価格の開きがありませんでしたが

もし、適正販売価格が大きく異なった場合は、FBA料金シミュレーターで、その粗利を算出します。

 

 

 

 

⑪「せどりすと」による仕入れ判断まとめ

 

1.商品を検索

2.粗利(損益分岐点)をみて、利益がでそうな商品が見つかったらモノレートへ

3.モノレートでAmazonでの売れやすさ、出品者数などを確認し、適正な販売価格を判断。

※必要なら、FBA料金シミュレーターで、正確な利益額を算出。

という流れになります。

 

 

 

※せどりすと・せどろいどは

 

さらに多機能の有料版があります。

 

せどりすとプロせどりすとプレミアム

 

 

 

 

 

仕入れルートマップの作成

 

実店舗せどりにおいて

 

仕入れルートマップを事前に作っておくことは非常に重要です。

 

仕入れに行く店舗数によって、その日の利益がまったく違ってきます。

 

 

 

 

事前に仕入れに行く店舗をリストアップしておくことで

 

効率的に店舗回りが出来ます。

 

仕入れルートは、「グーグルマップ」を利用します。

 

 

 

 

その前にまず、お使いのPCのブラウザを

 

グーグルクローム」に変えましょう。

 

インストールはこちら↓  

https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html

 

 

 

 

「グーグルクローム」は「インターネットエクスプローラー」よりも高速で起動しますし

 

拡張機能が豊富です。特に電脳せどり(インターネットで仕入れるせどり)の際に非常に便利です。

 

 

 

「グーグルアカウント」も必ず作成してください(無料です)。

https://accounts.google.com/signup

 

 

 

 

アカウントを取得しましたら

 

グーグルトップページ

https://www.google.co.jp/

 

でログインし、「マップ」をクリックします。

ggl

 

 

グーグルマップ→https://maps.google.co.jp/

 

 

 

 

 

まず、仕入れに行く場所を決めます。

 

例えば、千葉県の柏市周辺に仕入れに行くと仮定します。

 

 

「柏市 家電量販店」で検索↓

map1

 

 

 

 

周辺にある、ヤマダ電機・ノジマ・コジマ・ビックカメラ

 

などの家電量販店が表示されます。

map2

 

 

 

 

 

地図に表示された家電量販店をクリックして

 

ドンドン「保存」していきます。

map3    map4

 

 

 

 

 

 

「保存」すると地図上に星印がついていきます↓

map5

 

 

 

さらに、

柏市 スーパー

柏市 デパート

柏市 CDショップ

柏市 玩具店

柏市 ゲーム

柏市 ベビー用品

柏市 カー用品

柏市 ホームセンター

などのように「地名 店舗の種類」

 

 

 

または、

柏市 ヤマダ電機

柏市 ツタヤ

柏市 ゲオ

などのように「地名 店舗名」

 

 

 

 

で検索していき、ドンドン「保存」して星印を増やしていきます。

 

map6

 

 

このように、仕入れにいく店舗をピックアップしていきます。

 

 

 

 

車で仕入れに行く場合は、地図を参考に効率がいいルートを考えます。

 

電車+徒歩の場合は、駅から徒歩で行ける範囲の店舗をピックアップしていきます。

 

 

 

地図をプリントアウトして仕入れに活用してください。

 

スマートフォンのグーグルマップのアプリもありますので、活用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ