仕入れにクレジットカードを利用する利点

せどりの仕入れにおいては、

 

現金よりクレジットカードのショッピング枠で仕入れるほうが

 

キャッシュフロー(資金の流れ)を考えると、圧倒的に有利です。

 

 

 

 

仕入れにクレジットカードを利用する

 

クレジットカードは

 

・支払期日に猶予がある

 

・ポイントが付く

 

・実績によっては、増額・一時増額が可能(仕入れ資金が拡大)

 

など、現金仕入れに比べてメリットがあります。

 

 

 

 

クレジットカードは、使用日から支払日まで、猶予があるため

 

例えば、月末締めで翌月27日払いのカードの場合は

 

仮に、10月1日~31日にカードで仕入れた場合

 

支払いは11月27日になりますので、27日~57日間の支払い猶予があります

 

この間に、出品→販売→入金→支払の流れでいけば、現金を使わずにせどりが出来るのです。

 

 

 

 

また、せどりは、モノレートを正確に読み取れれば

 

どれぐらいの期間で商品が売れるのかな推測できますので

 

入金日、支払日を想定しつつ仕入ができます。

 

 

 

 

できれば仕入から1カ月以内に売れそうな商品を仕入れるのが

 

クレジットカードのキャッシュフロー上、理想です。

 

 

 

 

支払日の異なるクレジットカードが複数あると

 

キャッシュフローがさらに効率よくなります。

 

(例)

 

・月末締め、翌月27日払いのクレカは、1日から15日に仕入れる

 

・15日締め、翌々月10日払いのクレカは、16日から31日に仕入れる

 

 

 

 ※上記は一例です。カード会社によって、締日・支払日が異なります。

 

お手持ちのカードの締日・支払日をもとにキャッシュフローを考えてください。

 

 

 

 

このように2枚のカードを使い分けて、1カ月以内に売り切れる商品を仕入れていけば、

 

現金を使わずに仕入が途切れることなくせどりが出来ます。

 

 

 

 

また、もし想定期間に売れなかった商品が出てしまって、支払いが難しそうな場合は

 

支払いを猶予するため2回払いや分割払いに変更することもできます。

 

 

 

 

クレジットを毎月ドンドン使っていけば、与信が出来て、限度額の増額が可能になります。

 

ただし、だいたい6か月に一回くらいしか増額申請できない場合が多いです。

 

増額申請が通れば、さらに仕入れ資金が増加して、利益が伸びていきます。

 

 

 

 

一時増枠も出来ます。決算セール時期や年末セール時期などの、大量仕入れが可能な時は、

 

事前に一時増枠申請をしておいて、仕入れ資金を増加させて置きましょう。

 

 

 

 

現金よりクレジットカードで仕入れたほうがキャッシュフローがスムーズです。

 

現金は、できるだけ温存して置きましょう。

 

 

 

 

オススメのクレジットカード

 

⇒ 楽天カード

 

⇒ Yahoo! JAPANカード

 

⇒ イオンカード

 

⇒ UCSカード

 

⇒ ヤマダLABIカード

 

 

 

 

 

【せどり初心者講座】

① ⇒ せどりとは? 

② ⇒ Amazonに出店する

③ ⇒ 仕入れ判断① モノレートの基本

④ ⇒ 仕入れ判断② モノレートを使った仕入れ判断の具体例

⑤ ⇒ 実店舗仕入れ準備編

⑥ ⇒ Amazon出品規制の確認と対応方法

⑦ ⇒ 仕入れ講座① 実店舗せどり攻略編

⑧ ⇒ 仕入れ講座② 電脳せどり攻略編

⑨ ⇒ Amazon出品講座

⑩ ⇒ FBA納品の際の配送業者の選定

⑪ ⇒ 仕入れにクレジットカードを利用する利点・・・現在開いているページです。

⑫ ⇒ 価格調整とショッピングカートボックス

 

【無料メルマガ購読者募集中】

プレゼント配布中です↓↓

 

 

【LINE@】最新のせどり情報を配信中!!

友だち追加

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ