Amazon出品規制の確認と対応方法

Amazonでは、出品規制がかかっていて、販売できない商品があります。

 

せどりで商品を仕入れる際に、Amazonで出品できるか否か、必ず確認が必要です。

 

その確認方法と対応方法について、解説しました。

 

 

 

出品規制とは

 

出品規制とは

 

規制対象のメーカー・商品は、一定の基準を満たした出品者しか出品できない制度です。

 

その基準は非公開です。

 

 

 

以前は、一部の例外を除いて

 

ほとんどの商品がなんの規制もなく出品できました。

 

 

 

しかし、出品規制の強化によって

 

仕入れの際に、出品が出来る商品と出来ない商品の確認が必要になりました。

 

 

 

ただし、すべての商品が対象になっているわけではありません

 

各出品者によって、規制されている商品が異なるようです。

 

おそらく、過去の販売実績や評価などを基準にしているようです。

 

 

 

 

 

規制の対象は、基本的に「新品」の商品です。

 

ただし、ごくまれに「中古品」でも出品規制の対象になる商品もあるようです

 

 

 

どの商品、メーカーが出品規制の対象であるかは、各出品者によって異なります。

 

おのおのが、仕入れの際に、Amazonで出品できる商品か否かを確認しながら

 

仕入れていくしかありません。

 

 

 

 

出品が規制されている商品の確認方法

 

どの商品・メーカーが出品規制対象であるかは、各出品者ごとに異なります。

 

 

その確認方法は、モノレートを使います。

 

モノレート ⇒ https://mnrate.com/

 

 

 

 

 

 

調べたい商品をモノレートで検索して

 

その該当ページの「出品制限」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

「商品登録」ページに飛びます。

「出品制限が適用されます。」をクリック。

 

 

 

 

「出品する」というボタンが表示されていれば、出品出来ます。

 

この場合は新品・コレクター・中古で出品可能↓

 

 

 

この場合は、中古のみ出品可能↓

 

 

 

この場合は、出品許可申請が必要↓

 

出品許可申請は

 

メーカーまたは卸業者などから仕入れて請求書を記載してもらい

Amazon に提出する必要があります。

 

せどらーにとっては、かなり厳しい条件ですので、出品は難しいです。

 

 

 

 

出品規制商品の場合の対応方法

 

Amazonで出品出来ない商品は、以下の4パターンの対応が必要です。

 

①仕入れない

 

②出品許可申請をする

 

新品を「ほぼ新品」のコンディションでAmazon販売

 

④Amazon 以外の販路で売る(ヤフオク・メルカリなど)

 

 

 

 

※①ほとんどのせどらーは、出品規制商品だったら、無視して仕入れないという選択をします。

 

 

※②出品許可申請は、ふつうのせどらーにとって非常に難しく現実的ではありません。

 

 

※③出品規制は基本的に新品商品が対象ですので(例外もあります)

 

Amazonで中古品(ほぼ新品)として出品することは可能です。

 

利益が取れるならばこれでOKですが、「ほぼ新品」で出品した場合

 

新品と比べて価格がかなり安く出品しなければならず

 

利益がとれる商品はなかなか見つからないと思います。

 

 

 

④Amazon以外の販路で利益が取れるなら、そこで売るべきです

 

とくにヤフオク・メルカリがオススメです(出品か簡単なので)。

 

アプリで検索すれば、いくらぐらいで売れるかが分かります。

 

Amazonで出品制限がかかって販売できない商品は

 

ヤフオク・メルカリで利益が出るなら

 

ヤフオク・メルカリで販売しましょう。

 

 

 

 

 

Amazon以外の販路を利用(ヤフオク編)

 

 

ヤフオクの登録・利用方法

 

 

ヤフオクは国内最大のオークションサイトです。

 

比較的出品が簡単で、出品手数料がAmazonよりも安いです(落札額の8.64% または10%)。

 

 

 

ヤフオクの登録・利用方法は

 

以下のサイトで詳しく解説されていますので

 

ご参照ください。

 

 

「ヤフオク」の利用登録と出品ガイド

https://auctions.yahoo.co.jp/guide/guide/sell01.html

 

 

「ヤフオク」スマホアプリからの出品方法と取引の流れ

http://www.aucuniv.com/columns/display_howto-2985/

http://www.aucuniv.com/columns/apli-fin-1911/

 

 

オークション出品塾

http://www.aucuniv.com/academy/

 

 

 

 

ヤフオクの落札相場を調べる方法

 

ヤフオクでの落札相場は

 

PCまたはスマホで簡単に検索できます。

 

 

【パソコンの場合

 

ヤフオク

https://auctions.yahoo.co.jp/

 

 

①検索窓に商品名や型番号を入力して検索

 

 

 

 

②「落札相場を調べる」をクリック

 

 

 

③ページ右側の「商品状態」の「新品」をクリック

 

 

 

④新品の過去の落札価格・平均価格・落札頻度などが分かりました。

 

 

 

 

 

 

【ヤフオクのスマホアプリの場合】

 

 

 

 

ヤフオク公式アプリ

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/mobile/app/promo/

 

 

 

 

落札相場の調べ方は以下の手順です。

 

 

①ヤフオクアプリを開きます。

 

 

 

 

 

 

 

②検索窓に商品名や型番号を入力して検索をタップ

 

 

 

 

 

③現在ヤフオクで出品されている対象商品が表示されます。

 

いくらぐらいで売れるか確認するため、過去の落札相場を調べる必要があります

 

「落札相場」にチェックを入れます。

 

 

 

 

 

④過去の落札価格が表示されました。

 

さらに、「絞り込み」をタップし、条件を絞り込みます。

 

 

            

 

 

 

 

 

 

落札価格、商品状態、落札日などが分かりました。

 

これを見て、落札相場・落札頻度を判断し、仕入れるべきか判断します。

 

 

 

 

 

 

 

Amazon以外の販路を利用(メルカリ編)

 

 

 

「メルカリ」の登録方法・利用方法

 

「メルカリ」とは、スマートフォン専用のフリーマーケットアプリです。

 

ヤフオクより操作・手続きが簡単で、手軽に出品出来ます。

 

 

 

ヤフオクのようにオークション(入札)方式ではなく、出品者が値段を決められます。

 

若者を中心に利用者が急増しており、Amazon・ヤフオクとともに、重要な販路といえます。

 

販売手数料が10%かかります。

 

 

 

「App store」「Google Play」などで、無料でダウンロードできます。

 

⇒ https://www.mercari.com/jp/

 

 「メルカリ」登録方法

 

⇒ 「メルカリ」利用方法

 

 

 

メルカリの相場確認方法

 

【パソコンで確認する場合】

 

PC版メルカリ

https://www.mercari.com/jp/

 

 

①検索窓に調べたい商品のキーワードを入力し、虫眼鏡マークをクリック

 

 

 

 

②現在出品中のものと、すでに売れたもの(SOLDの表示)が表示されます。

 

ページの右側の「商品状態」の「新品、未使用」、「販売状況」の「売り切れ」にチェックを入れて

 

「完了」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

③ 過去に売れた価格の一覧が表示されます。

これで、この商品のメルカリでの相場がわかります。

 

 

 

 

 

 

【スマホで確認する場合】

 

①虫眼鏡マークをタップ

 

 

 

 

②調べたい商品の商品名を入力

 

 

 

 

③現在出品中のものと、すでに売れたもの(SOLDの表示)が表示されます。「絞り込み」をタップ。

 

 

 

 

④調べたい「商品状態」の「新品、未使用」と「販売状況」の「売り切れ」を選んで「完了」

 

 

 

 

⑤過去に売れた価格の一覧が表示されます。

これで、この商品のメルカリでの相場がわかります。

 

 

 

 

出品許可申請

 

 

 

出品制限がかかっていて出品許可が必要な商品を

 

どうしてもAmazonで販売したい場合は

 

その商品の「出品許可申請」をクリアする必要があります。

 

 

 

メーカーまたは卸業者などから仕入れて

 

請求書などを記載してもらい(商品・メーカーによって条件が異なる)

 

Amazon に提出する必要があります。

 

 

 

 

 

 

せどらーにとっては、かなり厳しい条件です。

 

ネットやタウンページなどで、請求書の発行が可能な卸業者を探して、そこから仕入れれば

 

条件を満たすことが出来ますので、不可能ではありませんが、相当の努力・手間が必要です

 

 

 

 

 

出品規制対応のまとめ

 

店舗や電脳仕入れの際は、「モノレート」→「出品制限」で出品できるか確認する。

 

※基本的に規制対象は新品の商品ですが

 

中古品でも出品規制対象になっているものがまれにあります。

 

仕入れの際は、どんな商品でも必ず出品確認するようにしましょう。

 

 

 

 

Amazonで出品許可申請が必要な商品は、Amazon以外の販路を利用。

 

ヤフオク・メルカリで相場を確認して利益が出るなら、ヤフオク・メルカリで出品する

 

 

 

 

Amazonで出品許可申請が必要な商品を、どうしてもAmazon出品したい場合は、

 

メーカーや卸業者などを探して条件を満たした請求書を作成してもらい出品許可申請する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料メルマガ購読者募集中】

プレゼント配布中です↓↓

 

 

【LINE@】最新のせどり情報を配信中!!

友だち追加

LINE@で最新せどり情報配信中!!

『ネットショップ裏ワザ仕入れレポート』

『ネット卸問屋リスト』

プレゼント♪
友だち追加

無料メールマガジン配信中!! 登録はコチラをクリック↓↓

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 




ページの先頭へ