Amazon出品講座

仕入れた商品を

 

Amazonで出品する手順を説明いたします。

 

 

 

出品に必要な物

 

 

パソコン・・・パソコンでamazonサイトから出品します。インターネットに接続する環境も必要です。

 

 

プリンター・・・FBA納品の際に、商品管理ラベルシール・配送ラベルの印刷に使用します。プリンター用紙も必要です。

 

 

はがせるラベルシール・・・FBA納品の際、商品に管理ラベルシール貼る必要があります。

 

オススメ → コクヨ プリンタ兼用 ラベルシール 再はくりタイプ 24面 20枚 KPC-HH124-20

 

 

段ボール・・・出品する商品を段ボールに梱包してamazonへ発送します。

 

※段ボールのサイズは160サイズ(50cm×60cm×50cm)以内の大きさ

 

 

ガムテープ・・・梱包に使います。

 

 

透明の幅広ビニールテープ・・・段ボールに配送ラベルを貼る際に使用します。

 

 

ハサミ・・・配送ラベルを切り取るために使います。

 

 

 

 

出品手順

 

 

【①】 Amazonトップページから

 

「アカウント&リスト」→「アカウントサービス」→「出品サービスアカウント」→「サインイン」と進み

 

「セラーセントラル」ページへ。在庫タブの「商品登録」をクリック

 

 

 

 

【②】 検索窓に、出品したい商品の

 

「商品名、JANコード(バーコード)、型番号、ASINコード」などを入力し、「検索」をクリック

 

 

 

【③】 出品したい商品が表示されたら、「出品する」をクリック

 

 

 

 

【④】出品商品の商品登録画面です。

 

(商品カテゴリーによって、この登録画面と異なる場合がありますが、入力する内容は、ほとんど同じです)

 

※「詳細表示」にして入力します。

 

 

 

 

入力は、以下の項目だけで大丈夫です。

 

「出品者SKU画像」(任意)

 

「出品者SKU」

 

「販売価格」

 

「ポイント」(任意)

 

「コンディション」

 

「コンディション説明」

 

「支払方法のオプション」 

 

「ギフト包装」「ギフトメッセージ」

 

「フルフィルメントチャネル」

 

 

 

 

「出品者SKU画像」任意

 

中古品の場合のみ、商品の画像を載せることができます。

 

 

 

「出品者SKU」重要項目

 

出品者が商品管理をするために付ける管理番号です。

 

自由に番号やアルファベットを設定できます。

 

未入力でも問題ありませんが、在庫管理の際、管理しやすくするため

 

入力することをオススメします。

 

(例) 仕入日が2018年7月15日なら(18/0715)、一つ目の登録なら(01)、コンディションが新品なら「new」(中古なら「old」)、仕入れ値が1000円とすると、出品者SKUは、 16/0715/01/new/1000   で入力

 

 

「販売価格」:必須項目

 

画面右上の「Amazonの競合商品の価格」の「〇〇新品」や「〇〇中古」をクリックして

 

他の出品者と比較して、価格を決定し、「販売価格」を入力。

 

基本的に同一コンディションの最安値に合わせるか1円安くして置けばOKです(FBA出品者の場合はFBA最安値でOKです。FBA出品者は自己発送出品者より売れやすいので。ただし、最安値がAmazon本体の場合はAmazonより1円安い価格に)。

 

注:価格はセラーセントラル「在庫管理画面」から、いつでも変更できます。

 

 

 

「ポイント」:任意

 

ポイント付けたいなら、「ポイント」(%)を入力。

 

 

 

 

 

「コンディション」:必須項目

 

出品するコンディションを選びます。

 

新品、中古「ほぼ新品」、中古「非常に良い」、中古「良い」、中古「可」などから選択します。

 

 

 

「コンディション説明」重要項目

 

商品のコンディションについて入力します。中古品の場合は、付属品・状態などを説明してください。

 

どう入力してよいか分からない場合は、他の出品者の説明を参考にしてみましょう。

 

 

 

「支払方法のオプション」:FBA出品の場合は、コンビニ決済・代引き決済にチェックを入れます。

 

FBA出品の場合は、対応はAmazonがすべて代行してくれます。

 

出品者に負担はありませんので、必ずチェックを入れておきましょう。

 

 

 

「ギフト包装」「ギフトメッセージ」:FBA出品の場合はチェックを入れます

 

FBA出品の場合は、ギフト対応はAmazonがすべて代行してくれます。

 

出品者に負担はありませんので、必ずチェックを入れておきましょう。

 

 

 

「フルフィルメントチャネル」:必須項目

 

・自己発送の場合は、

 

「商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」を選びます。

 

 

・FBA利用の場合は、

 

「商品が売れた場合、Amazonに配送代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」を選びます。

 

 

 

 

■入力が終わったら、「保存して終了」をクリック

 

・自己発送の場合は、これでこの商品の出品は完了です。

 

FBA利用の場合は、続きがあります

 

 

※初めての出品の場合は以下の画面が表示される場合があります。

 

各項目を入力して、「この住所から納品」をクリックします。

 

 

 

【⑤】※以下FBA出品場合

 

「Amazonから出荷」に変換されます。「保存して次に進む」をクリック

 

 

 

危険物情報を追加」をクリック

 

 

※危険物に該当する場合、事前申請などが必要な場合があります。FBA不可の危険物もあります。

 

詳しくは「危険物におけるFBAの利用について」↓

https://sellercentral.amazon.co.jp/learn/courses?ref_=selleru_athena_c8_m376&courseId=8&moduleId=376&modLanguage=Japanese

 

 

 

電池情報」「製品規制情報」を入力し、「送信」をクリック

 

 

※特殊な液体や電池などを含む商品が危険物にあたる場合があります。

 

危険物にあたるかどうか不明な場合は

 

「危険物確認ガイド」をお読みください↓

 

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201003400

 

 

 

※よくわからない場合は、

 

電池情報」「製品規制情報」を「いいえ」で送信してみます。

 

ほとんどの商品が出品できます。

 

 

 

 

実は危険物情報の入力をショートカットする裏ワザがあります。

 

電池が同梱されている商品などで、入力情報が分からない場合などに利用しましょう。

 

ネット・youtubeで調べれば危険物情報の入力をショートカットする方法が見つかります。

http://eken2015soho.net/ltqc

 

https://www.youtube.com/results?search_query=fba+%E5%8D%B1%E9%99%BA%E7%89%A9%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%82%92%E7%9C%81%E7%95%A5

 

 

 

送信したら、「保存して次に進む」をクリック

 

 

 

 

 

【⑥】「新規の納品プランを作成」「個別の商品」を選択し、「続ける」をクリック

 

 

「出品商品の納品数」を入力

 

 

 

 

【⑦】さらにFBA納品したい商品がある場合は

 

「在庫」→「商品登録」と進み、【②】~【⑤】の手順で追加していきます。

 

 

 

 

 

【⑧】②~⑤の手順でFBA出品商品を追加すると

 

「在庫を納品/補充」画面に進みますので、「既存の納品プランに追加」を選び

 

「納品プランに追加して続ける」をクリック

 

 

 

 

【⑨】②~⑧手順で、納品したいFBA商品を追加していきます。

 

納品したい商品の登録がすべて終わったら、数量入力画面の右下の「続ける」をクリック

 

 

 

 

 

 

【⑨】「商品の準備」の項目

 

そのまま「続ける」をクリックして進んでください。

 

 

 

※コミックのセット、鋭利な商品、ぬいぐるみ、おまけつきの商品などは

 

エアキャップ(エアクッション)や透明のビニール、箱などで梱包が必要です。

 

詳しくは「梱包要件」をクリックして、梱包が必要な商品例をご確認ください。

 

 

 

【⑩】「商品ラベルを貼付」に進みます。

 

 

 

 

 

【⑪】ラベルシールのサイズを選択し、ラベルシールのシートをセットします。「ラベルを印刷」をクリック

 

 

※自分でラベルシールを用意していない場合は

 

手数料がかかりますが、ラベル貼付サービスがあります(納品後にAmazonがラベルを貼付してくれます。自分で印刷・貼付する必要がありません)。

 

小型・標準商品は1枚19円・大型商品は43円です。

 

「ラベル貼付」項目を「出品者」から「Amazon」に変更すればサービスが受けられます。

 

 

 

ラベル貼付サービスの概要↓

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200496290

 

※出品者がラベルを貼付した商品と、アマゾンのラベル貼付サービスを利用した商品は

 

納品先が別々になってしまうので、ご注意ください。

 

 

 

 

【⑫】ラベルシールを印刷します。

 

 

 

 

ラベルシールを該当商品のバーコードの上に、バーコードを隠すように貼付します。

 

 

 

※該当商品がわからない場合は、商品名や「AISN/FNSKUを表示」にチェックを入れて参考にする。

 

 

 

【⑬】ラベルの印刷・貼付が終わったら、「続ける」をクリック

 

 

【⑭】「納品を作成する」「納品作業を続ける」をクリック

 

 

 

 

【⑯】使用する配送業者を選びます。

 

 

※日本郵便の「ゆうパック」を利用する場合は

 

「FBAパートナーキャリア」も利用出来ます。

 

 

「FBAパートナーキャリア」の詳細 → FBAパートナーキャリア

 

 

 

 

【⑰】輸送箱(納品する段ボール箱)の梱包内容を選択

 

・納品する輸送箱が1箱の場合は、「輸送箱数【1個】」

 

・各輸送箱に同じ商品のみを梱包して納品する場合は、「輸送箱数【複数】/商品ごとに輸送箱を分ける」 

 

・各輸送箱に異なる商品が含まれる場合は、「異なる商品が輸送箱の中に混在する(15箱以下または16箱以上)」

 ※たとえば、各箱に、ゲームや家電やCDや本などが混在する場合です。複数の段ボールを納品する場合は、基本的に、これを選択します。

 

 

※輸送箱【複数】を選択した場合

 

商品情報を提供するため

 

「ファイルアップロード」と「入力しない」を選択する画面が表示されます。

 

よくわからない場合は、「入力しない」を選択して問題ありません。

 

 

 

 

【⑱】段ボール箱の重さ、寸法を入力

 

※輸送箱【1個】の場合↓

 

 

 

※輸送箱【複数】の場合↓

 

輸送箱の合計数(最大20箱)を入力し、「輸送箱の数を設定」をクリック

 

各輸送箱の重量、寸法を入力

 

 

※輸送箱1個当たり最大重量は40㎏までです。

 

また、配送業者によっては、30㎏までの場合もあります。

 

1箱の重さが30㎏を超えそうな場合は、

 

複数の箱に分散させて1箱当たりの重量を30㎏以下に調整しましょう。

 

 

 

 

【⑲】「配送ラベルを印刷」します。

 

 

※印刷部分をハサミで切り取って、納品する段ボールへ貼り付けます(透明の幅広ビニールテープなどで貼り付けます)。

 

 

 

 

【⑳】配送ラベルの印刷が終わったら、「クリックすると納品が完了します」をクリック

 

 

 

これで納品の準備は完了です。

 

 

 

 

・各商品に商品ラベルを貼付

 

・段ボールに商品を入れる

 

・段ボールをガムテープなどで封をする

 

・配送ラベルを段ボールに貼りつける

 

が完了したら

 

あとは、配送業者に宅急便を依頼します。

 

 

 

 

【21】出荷が完了したら

 

宅急便の送り状に記載されている「お問い合わせ番号」を入力して

 

「保存」をクリックして、「出荷済みとしてチェック」をクリック

 

 

これで、FBAの納品・出品は完了しました。

 

 

 

 

自己発送

 

自己発送より様々な面でメリットが大きいFBAの利用を強く推奨しますが

 

一応、自己発送をしたい場合の方のために自己発送の手順を説明します。

 

 

 

①注文が入ると、Amazonに登録しているメールアドレスに注文確定メールが届いています。

 

セラーセントラルの注文管理欄にも未出荷の表示がでます。

 

 

 

 

 

②封筒(大きい商品なら段ボールなど)、ハサミ、のりまたはOPPテープ(透明な幅広テープ)などを用意します。

 

※できればエアクッション(プチプチ)も用意

 

 

 

 

③セラーセントラル→注文管理 と進むと、

 

未出荷商品の一覧が表示されますので、出荷する商品の「納品書の印刷」をクリックして納品書を印刷します。

 

 

 

 

 

 

④点線部分より上が、「購入者の住所」(発送先)です。

 

点線に沿ってハサミで切り離します。

 

 

 

 

 

 

⑤切り離した納品書の上部(購入者の住所が記載されている)を封筒などに、のりやOPPテープなどで貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

⑥封筒などの裏面には、出品者の住所・氏名・店舗名などを記載します。

 

 

 

 

 

⑦切り取った納品書の下の部分は、折りたたんで封筒の中に入れます。

 

 

 

 

⑧破損防止のため、できれば商品をエアクッション(プチプチ)などで保護しましょう。

 

商品を封筒に入れて、のりまたはOPPテープ(ガムテープでも良い)などで封を閉じます。

 

あとは、任意の発送方法で発送してください。

 

 

※参考

 

日本郵便 

ゆうメール、レターパック、クリックポスト、定形外郵便など

 

クロネコヤマト 

宅急便コンパクト、 ネコポスなど

 

 

 

⑨出荷が完了したら、セラーセントラル→注文管理→該当商品の「出荷通知を送信」

 

 

 

 

出荷情報画面の

 

・「出荷日」

 

・「配送業者」「配送方法」

 

・「トラッキング番号/お問い合わせ伝票番号」

(未記入でも構いませんが、宅急便などの追跡可能な配送の場合は、出来れば伝票番号を入力)

 

を入力して「出荷通知を送信」をクリック

 

 

 

これで、自己発送の出荷は完了です。

 

 

 

 

 

・出品について、ご不明な点がありましたら、以下をご参考ください。

 

Amazonの公式サイト「Amazon出品大学」

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201047930/ref=sc_tool_su

 

 

 

・わからないことがあった場合のAmazonへの問い合わせ

 

Amazonテクニカルサポート

https://sellercentral.amazon.co.jp/cu/contact-us?_encoding=UTF8&ref_=ag_contactus_shel_201047930

 

 

 

 

 

出品できない商品

 

Amazonでは、出品できない商品があります。

 

 

・出品禁止商品

 

https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/prohibited-items.html

 

 

 

 

・FBA禁止商品

 

「常温管理できない製品」

 

「動植物」

 

「危険物および化学薬品」

 

「販売にあたり関連省庁などへの届出や許可等が必要なもの」

 

などです。

 

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201730840/ref=ag_201730840_cont_200140860

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料メルマガ購読者募集中】

プレゼント配布中です↓↓

 

 

【LINE@】最新のせどり情報を配信中!!

友だち追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ